読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wide_snow’s blog

30代の組込みエンジニア(ファーマー)による技術メモの記録

スポンサードリンク

Raspberry Pi 2に接続する無線LANアダプタを選びました

前回はRaspbianの更新を行いました。

wide-snow.hatenablog.com

更新はEthernet Cableを使って有線LAN環境で行いましたが

Raspberry Piは小さい基板なので、出来るかぎりコンパクトにまとめたいですよね。

今後は出来る限りケーブルを使わないで作業を行うために

次のことを実現していこうと思います。

  • 無線LAN環境を作成して、LANケーブルを使わないようにする
  • SSHでRaspberry Pi以外の環境からログインを行えるようにしてキーボードを使わないようにする

無線LANアダプタの選択

無線LAN環境を作るために必要なUSBの無線LANアダプタを選びます。

最近は802.11acとか速度が物凄い早い規格に対応しているものもありますが

今回はそこまでの性能を必要としていないので、802.11g/b対応のアダプタを選びました。

BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM

新しい規格に対応したアダプタは、いずれ速度が欲しくなったら入れ替えようと思います。

 

次回は無線LANの設定を行う予定です。