読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wide_snow’s blog

30代の組込みエンジニア(ファーマー)による技術メモの記録

スポンサードリンク

Raspberry Pi 2の文字コードを変更する(日本語の設定)

Raspberry Piはイギリス発祥のものだからなのか?

デフォルトの文字コード設定がイギリスの英語(変な言い方・・・)

になっています。

なお文字コードの確認は以下のコマンドで行えます。

pi@raspberrypi ~ $ echo $LANG
en_GB.UTF-8

これを日本語フォントに変更します。

SSH接続

Raspberry Pi以外の端末(ノートパソコンなど)から

SSHで接続確認を行います。

--- 以下は外部端末で操作します ---

hoge@hoge:~$ ssh -l pi 192.168.11.14
pi@192.168.11.14's password:
pi@raspberrypi ~ $

raspi-configの呼出(文字コードの追加)

Raspbianの初期設定を行います。

pi@raspberrypi ~ $ sudo raspi-config

raspbian用のconfig画面が表示されますので、画像の様に設定していきます。

 

f:id:wide_snow:20150830185022p:plain

4 Internationalisation Optionsを選択します。

f:id:wide_snow:20150830185052p:plain

I1 Change Localeを選択します。

f:id:wide_snow:20150830185059p:plain

en_GB.UTF-8 UTF-8にチェックが入っています。

f:id:wide_snow:20150830185105p:plain

ja_JP.UTF-8 UTF-8にチェック(Spaceキー押下)します。

f:id:wide_snow:20150830185111p:plain

Default localeをどっちにしますか?と聞かれるので、en_GB.UTF-8から

f:id:wide_snow:20150830185118p:plain

ja_JP.UTF-8

に変更します。

OKを押下するとターミナル画面に戻り、以下のメッセージが表示されます。

Generating locales (this might take a while)...
  en_GB.UTF-8... done
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

 

※ raspi-configのその他の項目については下記で紹介しています。

wide-snow.hatenablog.com

文字コードが変わ・・・らない?

ターミナル画面に戻ったら、再度文字コードを確認します。

pi@raspberrypi ~ $ echo $LANG
en_GB.UTF-8

 

・・・あれ?

・・・変わってない。

再起動してみます。

pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot

・・・

・・・

再起動後

pi@raspberrypi ~ $ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

になりました。

文字化けの解消(フォントのインストール)

ここまでの設定で日本語の文字コードにはなりましたが

このままだとRaspbian上のターミナル画面で物凄く文字化けします。

f:id:wide_snow:20150830191642p:plain

これはひどい。日本語を表示できるようにフォントをインストールします。

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot

 

まだ・・・ダメッ!!!

jfbtermという、コンソールで日本語表示するためのターミナルをインストールしてみます。

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get update

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install jfbterm

・・・文字化けしていて良くわかりませんが、インストールに失敗している気がします。

「インストールする?Y/n」みたいなメッセージが出てこないまま終わりました。

 

一度文字コードをen_GB.UTF-8 UTF-8に戻してみます。

pi@raspberrypi ~ $ sudo raspi-config

画面内の文字化けも結構すごいですが気にせずに進めます。

戻し終わったら再起動を行い、再度jfbtermのインストールを実施します。

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get update

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install jfbterm

今度はインストール出来ました。

 

次に文字コードを変更します。せっかくなので違うコマンドを使うことにします。

(直接文字コードの変更画面が出てきます)

pi@raspberrypi ~ $ sudo dpkg-reconfigure locales

再起動して再チャレンジ。

 

日本語は表示できた・・・けど?

再起動後は文字化けしたままです。

pi@raspberrypi ~ $ date
2015綛�  8� 30�� �ユ�� 11:01:08 UTC

インストールしたjfbtermを起動します。

pi@raspberrypi ~ $ jfbterm
jfbterm - Kanji on framebuffer console Version 0.4.7

color 14 : ffea, ffea
color 15 : ffff, ffff
cannot mmap(mmio) : �≦鴻�綣�違с

ここで固まりました(Ctrl+Cなども効かない)。

別のターミナルを使ってSSHで入り直したら

pi@raspberrypi ~ $ date
2015年  8月 30日 日曜日 11:02:59 UTC

pi@raspberrypi ~ $ 

と表示されるようになったので、うまくいっているようですが・・・。

まとめ

今回の結果をまとめると、下記の手順でうまくいくようになると思います。

(jfbterm実行後に固まったのは疑問ですが再起動してもちゃんと日本語表示は出来ています)

1. 日本語フォントをインストールする

sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

2. コンソールで日本語を表示するためのターミナルをインストールする

sudo apt-get update

sudo apt-get install jfbterm

3. 日本語に切り替える

sudo raspi-config