wide_snow’s blog

30代の組込みエンジニア(ファーマー)による技術メモの記録

スポンサードリンク

Windows 7でシンボリックリンクを作成する方法

Cドライブがいっぱいになってしまったときの対処方法

開発環境をインストールするときに限らず
大抵のツールはCドライブにインストールすることを推奨しています。
それに従ってインストールしていくとHDDがいっぱいになってしまって
困ってしまうことがあります。
Linuxであれば”ln -s”コマンドでシンボリックリンクを作成して
別のディレクトリとのリンクを貼ることが出来るのですが
Windowsの「リンク」は単なるショートカットなので
別のHDDに対してリンクを貼っても
Cドライブのように見せかけることが出来ません。
 
そんなときでも、コマンドプロンプトでmklinkコマンドを使えば
シンボリックリンクを作ることが出来ます。
 
作成には管理者権限が必要なので
「管理者として実行」でコマンドプロンプトを起動してください。
 

f:id:wide_snow:20160417090346p:plain

 
コマンド体系は
mklink <リンク> <ターゲット>
となっています(「mklink」を入力するとヘルプが表示されます)
 

ファイルのシンボリックリンクを作成する

C:¥abc¥def.txt
D:¥def.txt
にしたい場合は
 
C:¥Windows¥system32> mklink c:¥abc¥def.txt d:¥def.txt
 
と入力します。
これでdef.txtの実体はD:¥def.txtにあるものの
Windows上ではC:¥abc¥def.txtにあるように見せることが出来ます。
 

ディレクトリのシンボリックリンクを作成する

こちらの方が使う機会は多いと思いますが
C:¥abc¥
D:¥abc¥
にしたい場合は
 
C:¥Windows¥system32> mklink /D c:¥abc d:¥abc
 
と入力します。
これでC:¥abcの実体はD:¥abcにあるものの
Windows上ではC:¥abc¥にあるように見せることが出来ます。
  • d:¥abc内でファイルの追加や編集、削除を行うとc:¥abcにも反映されます。
  • c:¥abc内でファイルの追加や編集、削除を行なってもd:¥abcに反映されます。
どちらを更新しても良いので取り扱いが楽になります。
 
ただ注意点があり
  1. d:¥abcディレクトリ自身を削除してしまうとc:¥abcという名前だけが残って実体が無くなる。 → ディレクトリにアクセス出来なくなる。
  2. c:¥abcディレクトリがすでに存在するとコマンドエラーになる。
ので気をつける必要があります。
 

最後に

シンボリックリンク絶対パスだけではなく相対パスでも指定できます。
これで「Cドライブにインストール出来ない!」問題が回避出来るのではないでしょうか。